起きる要因

かさかさ肌で悩んでいるの場合、スキンケアが非常に重要になります。
間違ったスキンケアは症状を悪化指せるので、正確な方法を理解しておきましょう。
第一に、洗いすぎることは絶対、禁物です。
皮脂が気がかりになるからといって1日に何度も何度も洗顔してしまうと肌が潤いを失ってしまいます。
逆に皮脂の分泌物の量が多くなってしますので、朝と夜の2回で足ります。
保水機能が低くなると肌トラブルが、起きる要因が増すことになるので、気をつけて下さい。
では、保水力をもっと高めるには、どのように肌を守るのかを実践すれば良いのでしょうか?

 

保水機能アップに効きめのある肌ケアは、血の流れを良くする、肌に良い成分をたくさん含んだ化粧品を取り入れる、上手に洗顔するという3点です。
ご存知の通り、冬が来ると寒くて血のめぐりが悪くなります。
血のめぐりが良くないと肌細胞に十分な栄養が届かず、代謝が乱れることになってしまいます。  WS000020
そして、肌トラブルを起こしてしまうので、血行促進を心がける必要があります。
血行が良くなれば、新陳代謝が促進され、美肌になりやすいのです。
いつもは肌があまり乾燥しない人でも寒い季節になるとカサカサになってしまう場合もあるので、洗顔の後や入浴の後は化粧水を使ったり、乳液を合わせてつけるといいでしょう。